水のトラブル対処法

水のトラブル対処法 水のトラブルはどんな家庭でも起こり、そこには様々な原因が潜んでいます。突然起きた水のトラブルに際して人は誰でも動転しますし、的確な処置は難しいことが多いです。トラブルはどんな場所で発生するのか、どのようなものがあるのかなどについて考察します。内容をよく知ることで、不意のトラブルにも慌てず対処できるようになります。

■トラブルの起こる場所

水のトラブルが起こる場所は、水道の蛇口のある場所、あるいは水道管のある場所です。つまり、キッチン、お風呂、洗面所などで発生します。それぞれの場所で起こるトラブルの内容もまた様々です。キッチンでは蛇口からの水漏れが多いです。そして排水ホースやパイプが詰まって起こる水漏れ、シンク自体の詰まりなどもトラブルの多い箇所となります。
お風呂場では蛇口の水漏れやシャワーからの水漏れ、浴槽の排水口の詰まり、洗い場の排水口の詰まりなどが症状として挙げられます。そして洗面台もまたトラブルの多い場所です。洗面台の場合も他の場所と同じく蛇口からの水漏れ、排水口の詰まり、トラップ、あるいはパイプの詰まりによる水漏れなどです。
洗濯場でも蛇口からの水漏れが起こりますし、排水口も同様に詰まりが起きます。そして屋外もまた蛇口からの水漏れが起き、寒冷地などでは水道管が凍って、破裂するトラブルが多発します。

■キッチンのトラブル対処法
蛇口は経年劣化によって水漏れが発生しやすくなります。蛇口の耐用年数は約十年と言われており、施工から十年経っていれば、いつ水漏れが起こっても不思議ではありません。蛇口の場合は中にあるパッキンなどの部品が駄目になっていることが多いので、これを交換すると水漏れが解消することもあります。自分で修理や交換を行う場合は、蛇口の種類によってそれぞれ方法が変わるため気を付けなければなりません。
キッチンの排水口にある排水トラップや排水ホースは下水管からの悪臭を防いだり、虫などの侵入を防いだりする役割を持っていますが、これが壊れたり詰まったりすると悪臭や水漏れの原因になります。まず、排水口の下には排水トラップがあり、そこから排水ホースへとつながっています。そして次に排水ホースから排水管へとつながり、汚水が流れていきます。この排水ホースが劣化や破損した場合、応急処置としては補修テープを巻くという方法もありますが、結局は交換をするということになります。応急的な処置なら素人でもできますが、交換となるとそうはいきませんので、専門業者に依頼した方が早くて確実です。

■蛇口の種類

蛇口にはいろいろな種類がありますが、大きく分けると二つに集約されます。一つ目がハンドル混合水栓で、二つ目はシングルレバー混合水栓です。まず、ハンドル混合水栓は比較的古いタイプの水栓で、古い家でよく見かけられるものです。これは温水と冷水の二つのハンドルがあり、その二つを回してお湯の温度の調節をするものです。この水栓の特徴は、構造が単純なので修理がしやすいということが挙げられます。ただ、湯量や温度の調節は二つのハンドルを回しながら行わなければならないので、その分時間がかかり面倒なこともあります。
次にシングルレバー混合水栓ですが、これは現在の多くの家庭で使われているタイプです。この水栓にはレバーが一つ付いており、これを上下左右自由に動かすことで湯量と温度調節ができるようになっています。簡単で便利に扱えるということになります。ただ、このタイプは現在多くのメーカーが様々なものを販売しており、使用されている部品はそれぞれ異なります。同じシングルレバー混合水栓と言っても、部品を買う際にはどのメーカーのものか、きちんと確かめてから買うようにしましょう。

■まとめ
水のトラブルはいろいろなところで起こりますが、その中で自分で修理をすることのできるものは限られています。キッチンの排水トラップや排水ホース、あるいはその他の場所の排水管からの水漏れなどは素人が直すのには難しく、リスクも高くなります。自分でできることは、蛇口のパッキン交換や蛇口そのものの交換、あるいは浴室にあるシャワーヘッドや蛇口の交換程度が限度です。水漏れなどのトラブルを見つけたら、大量の水漏れであれば止水栓を閉めて水そのものを止めてから専門業者を呼びましょう。ポタポタという水漏れ程度なら応急処置として水漏れ箇所をテープなどで巻いてから、業者に連絡をします。また、キッチンや浴室以外にもトイレや屋外の水道などでも水のトラブルは発生しますが、これらについても同じことが言えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース